しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。
本日は第四回調停のため、妹と裁判所へ行きました
文月しのぶです。






      ……なんだかいつもと雰囲気が違う。






何分、
家庭裁判所の中でのことなので個人名などは書けませんが、
ざっくり述べますと……なぜか、裁判官さんがいました。
調停員さんと一緒に裁判官さんがいました。
はじめましてm(_ _)m

曰く(ざっくりまとめると)、
「あなたがたの主張は調停の範囲内ではない。諦めろ」
とぞ。したり顔。
……ただね、
私は逆に笑いがこみあげてしまい、
妹は怒りがこみあげてしまい、聞いてみたんです。
「つまり、裁判がオススメってことですよね?」
だから今日はわざわざ裁判官さんが来たんですよね。
「準備は整ってます。」
……するとだ。
裁判官さんは慌てて退室されちゃったんです。

そりゃ、
普通の人なら「裁判」となると嫌がるんでしょうね。
お金もすごくかかるし、
申立人も、相手方も、裁判所も、みんなが面倒だし。
だから足元を見て、
我々を潰そうとしてきたんでしょうね。

ただね、
こちとら、逆。
裁判するための費用・証拠・弁護士さん、準備は
過去3回の調停中に整ってきており、むしろアリなのですよ。

相手方は早々に弁護士を立ててきましたが、
我々は本戦のために、前哨戦ではお金を使ってません。
ただ、それだけ。
書類は全部わたしが書けるから
弁護士なんて「まだ」雇わなくていいの。






      「馬鹿にしてるんですか?」





……と妹。
調停員さんも「違います違います」と、たじたじ。

ちなみに。馬鹿にしていると言えば、
今日の調停のための準備書面、つまり宿題。

申立人(われわれ)は「自動車の現存価格の調査結果報告」など、
相手方弁護士の宿題は「不当利得・特別受益がらみの反論」
だった筈。
それなのに、相手方ったら、言い逃れなのかしら、
宿題を放棄して、
「そもそも特別受益とは……」とか、
大学一・二年の民法の授業で習う様な法律内容を羅列。
これにはさすがに、
調停員さんも「一般論ですから」とか苦笑い。
私は大笑い。
妹は大激怒。
とりあえず厳重に注意してもらいました。



まだまだ弁護士は雇いません。
むしろ、このまま弁護士なんて雇わないで勝ちたい。
次回も頑張ります。以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

テーマ:思いのままに - ジャンル:その他

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.