しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ

いつもお世話になっております。
劇団ふぁんはうすさんの携帯ストラップを買いました。
文月しのぶです。

先日は、劇団ふぁんはうすさんの公演
「ざ・クリーンキーパー」を見に行きました。

いつもDMを頂戴し、
役者さんである鈴木千秋さんからもご連絡を頂戴し、
私自身も毎回、ウキウキしながら足を運ぶ
お気に入りの劇団の公演でございます。

ふぁんはうすさんの劇は「夢」をテーマにした作品が多く、
見る度にいつもココロが洗われる、優しい気持ちになります。
遺産分割の調停で相手方弁護士と直接対決し
理論武装の脳をピリピリさせている私ではございますが、
今回も、ほんのり笑顔にさせていただきました
m(_ _)m

私が初めてふぁんはうすさんに出会ったのは、
某素人劇団所属の頃で、会場のお手伝いとして。
素人劇団主宰の高飛車さんが「つまらない」などと
ボロクソに言っていたもんですから、
お手伝いながら劇を拝見させていただきました所





    なに言ってんの?





私が初めて見た公演「セカンドステージ」、
そのオープニングは、鈴木千秋さん一人。
ドラマやゴシップが大好きな一人暮らしOLの部屋での独り言。
……その人間臭さたるや。もの凄い親近感。
「自分の分身が舞台にいる」てな、不思議な感覚になり、
他のシーンでも、以降は登場しただけで物凄く安心。
最早、自分の分身に見えてしまう主人公が
ほかの登場人物にうちとけていくうちに、
舞台全体に何とも言えない一体感を見ました。

千秋さんのオープニングなしでは、あの劇は成立しない。
……衝撃的だった。





    これのどこが「つまらない」の?





あの作品の、あの見せ方、その計算。
私は鈴木千秋さんのファンになり、今回も足を運んだわけです。





はてさて、
いつも大役の多い千秋さんですが、
今回は……おや?その手があったか?な配役。
これまでの千秋さんの演技を多少知っている私としては
そうきたか?!な衝撃。

わかりやすく説明するために、例を出しますが、

……よい例があるかな、
喩えるならば、
なんだろうか、


ロバートさんのコントで言う馬場さん(中ボケ)なポジション。
秋山さん(大ボケ)のネタを復唱するようなキャラ。
……そんな「ネジがはずれ気味」な女の子の役。

「声がセクシー過ぎる千秋さんには厳しいのでは?」
と、序盤は一抹な不安がありましたが、
……ボケの連携が凄い(°□°;)
大ボケ役の三田さんとの息がピッタリ!
相方としてはとても良い関係である様に思われます。
ふつうに笑いました(o^∀^o)
おもしろかったですもん。
また一つ、千秋さんの芸の深さを感じました。
凄いな。

今回もお招きいただきありがとうございました。
以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いつもお世話になっております。 お久しぶりの第二ブログです。こんにちは。文月しのぶです。 最近、劇団ふぁんハウスさんのステージスクールに ちょこちょこ顔を出すようになった私。 新参者のワリにはデカい顔をしていて大変恐縮です。 ……小柄ですけどね。 すみません。
2010/10/29(金) 14:39:52 | 第二☆しのblogアクション
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.