しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。
学生時代はいろんなバイトをやりました、
文月しのぶです。「いろんな」は連体詞。


塾講師、居酒屋、電器屋マネキン、三曲演奏会の箏運び、等々。
大学のサークルに沢山入っていて、お金が必要だったわけで。



    進学塾講師、国語担当。



……あんまり知られていない話ですが。
英・数・国・理・社の主要5教科の中で
国語を教えることが最も難しいことをご存知でしょうか。

私の恩師である、当時は国語の先生だった方が
「そろそろ国語は引退して数学いくか」と転向されたほど。
実はそこまで難易度の高い国語という教科について
本日は書き綴っていきたいと思います。



【ポイント1:授業計画で地獄をみる】

学習塾の講師や家庭教師だったら
「いまから一人ずつ長文を声に出して読んで」
とサボることもできるでしょうが、甘いわ。
進学塾ではキーワード・指示語・接続語などを分析し、
「だから答はこれ以外認めないのぢゃ!」と
絶対に論覇するのがルール。曖昧は許されない。

小4~中3まで教えていたので、教材は6つ。
授業計画が間に合わないので、大学で授業中にやる始末。
夏期講習とか地獄。居眠りで事故った。そして警察へ、、、



【ポイント2:生徒のモチベーションが低い】

……ほら、
よく文系の人って「なんとなく答がわかる」って言って
ナメてるから、全国模試で良くて80点。たまに90点。
甘い。甘いわ。
90点代を当たり前のようにコンスタントに
とらせなきゃならないのが進学塾の講師。

結局、理系の人の方が素直に勉強するから、
理系メンバーの方が国語の成績を抜いて構図が逆転したり。



【ポイント3:成果が長期的すぎる】

社会・理科の講師が怨めしい。暗記メインだから、
「ヤマはった→あたった→先生すごい→ラブラブw」
ってなワケで。でも国語って、ヤマはれるのは漢字だけ。
長文読解の技術を生徒一人一人にちゃんと
体得させないと、点数はいつまで経っても横ばい。

演技の指導とか、武術とかにも通ずるのかもしれない。
体得させなきゃ意味がない。武術やったことないけど。



まだまだ経済が雲行き怪しい昨今。一寸先は闇。
もしかしたら、あの業界に戻る日がくるかも。とか。
その時は、わたしはまた「国語」をやりたい。
あんなにアツい教科はないわ。



    伝わってるのか?この話



以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

テーマ: - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.