しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。文月しのぶです。

先日、松桐師匠に言われました。
「shinoのアイロニーはネタに聞こえない」と。
なるほど、もっとストレートに書けば良いのか。
というわけで書いてみたいと思います。

現在、例の団体のチケットの値段でモメています。
高校演劇でも自主公演をやれば大体500~1,000円が
相場でしょう。……現在の劇のクオリティで
換算すると「高校演劇以下」なので、
限りなく0に近い金額が適正価格であることが
導き出されます。
お客様はそれ以上の価格を目にすると
「高い。ボッタクリだ。」というのが自然の流れ。

しかし、その金銭感覚を理解できない人が
世の中には存在しました。「たとえ高い料金設定でも、
私の友達はみんな出してくれます」との話。


   ではここで質問です。


私が、演劇の様子をビデオでまとめ、
ダウンロード販売したとすれば、
あなたはいくらで買ってくれますか?

……大雑把ですが、それが適正価格に近似します。
例えばあなたが「この劇は〇〇円の価値がある」と
言うのであれば、〇〇円に近い金額を払って
ダウンロードする「気持ち」があるだろうし、
(※あくまで気持ち・需要であり、有効需要ではない)
ないのであれば、その程度の価値の劇なわけです。

その意図が、松桐さん曰く「伝わりにくかった」そうで。
なるほど、話のレベルを相手に合わせなければいけませんね。
というわけで、今コレを書いております。


   金銭感覚の話をもう一つ。


私は、休みの日や、終電帰宅後の深夜の時間などを
利用して100時間以上は軽くかけて、劇の曲を作りました。
工数で単純計算すると5~60万円は妥当な労働です。
ただ、長く時間をかければ良いというわけではありませんし
今回は苦手なジャンルがかなり多かったので、
お客様の期待に応えられるか不安で胃が痛いです。

今でも、何度も何度も曲を聴き直して、手直しし、
サーバに上げてある曲をコッソリ上書き更新しています。


   そんな、私の手から生まれた不格好な楽曲たち。


それに対して待ち受けていたのは
「楽曲のことはよく分からない」とか、
「分からないけど場面に合う」とか「合わない」とか、
曖昧な返答ばかり。もしくは無回答。
私の注いだ時間と労力はいとも簡単に踏みにじられました。
それを助長するかのような揶揄も飛び交い、
呆れを通り越して、笑いがこみ上げてきました。


   「楽曲の話」は氷山の一角です。


「なんとなく盛り上がるから〇〇シーンを入れよう」とか
「なんとなく暗転前は台詞を揃えてみようか」とか
……なんとなくは計算とは言えません。単なるゴッタ煮です。
このままなんとなく劇が作られ、基礎もないまま、
もやもやと本番を迎えるのかと思うと、虫酢が走ります。

このままで、誰を感動させることができましょうか。
どこにお客様を魅了するエンタテインメント性が
ありますでしょうか。何が楽しいんでしょうか。
曖昧過ぎてわかりません。さっぱりわかりません。

「素人だから仕方ない」と言うのであれば、それは
全てのエンタテインメントに対する冒涜と言えましょう。
たまに舞台に立つ私としても、まだまだ未熟者の私としても、


   そんな方々に、舞台を汚されたくはありません。


そろそろ甘え抜きで、ガチでやりませんか。
いままで、レベルを落としていましたが、
もう時間がありません。

以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.