しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。
元お笑い団体所属、文月しのぶです。

YouTubeで「しのぶアクション」なる動画コンテンツを
不定期でアップする傍ら、数年前までは、
あんまり売れていない役者さんたちと手を組んで
お笑い番組の生放送、イベント、ライブなどを
行っておりました。

そんな中で、いくつか教わったことを
せっかくなので書いてみようと思います。




【1】お客様にアンケートは書かせるけど読まない

「舞台はお客様あってのもの。」
「見ていただける方々のニーズを広く吸収すべき。」
と、後日、集めたアンケートを見て、
「こんな意見に振り回されてたら方針がブレる。」
「劇団の中にはアンケートを読まない団体もある。」
とぞ。
読まないアンケートをわざわざお客様に書かせるなんて
お客様をバカにしているような、、、と思った。

あの件があって以来、
あんまり売れてない役者さんの舞台に足を運んでも
アンケートは一切書かないことにしています。



【2】プロダクションに所属する時は年齢をごまかす

私より3歳年上の方がおられ
「○○さん」とお呼びしておりましたが、
芸能事務所に所属する都合、私の2歳下に変更になり
翌週からは義理で「○○ちゃん」と呼ぶようにしました。

夢を売る仕事は、
時に、ハリボテの嘘を見せる仕事でもあるようです。
3-(-2)=5



【3】アルバイトは「世を凌ぐ仮の姿」

本業はあくまで「役者」であって、
アルバイトは食べるための手段。
「役者の仕事は『仕事』としてやる。」
「アルバイトは世を凌ぐ仮の姿として、こなす。」

……そんな風に考えている人が
大成するとは思えない。

すべて、
「仕事」は「仕事」なハズ。
手を抜いて良いもの、力を抜いて良いものなんて
ないはず。優劣なんてないはず。
「世を凌ぐ」だとか、
仕事人としてフザケタことを言うな。
表現者としてフザケタ表現を使うな。

社会のお役に立っているのならば
もっともっと誇りをもって、胸を張れば良いのに。

いま携わっているアルバイトも
胸を張って自慢できるくらいの役者さんの方が
本当はカッコイイと思うのになぁ。。。

と、ふと。
私の恩師である赤ペン瀧川先生も、
ライブ中にこう仰っていたのを思い出しました。



「みなさまが物販を買っていただけたら、
 今あるバイトを週8から週7に減らせます!」



今やテレビやネットでしょっちゅうお目にかかる
瀧川先生なのですが、
やっぱりそういう所が尊敬できる先生であり、
売れている役者さんの姿なのだなぁと思うわけです。

以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.