しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。

文月しのぶです。



昨日、気になるニュースがありましたが

忙しくて疲れて寝ちゃったので

いま書いてみたいと思います。はい。



http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13754848/

「なんで保育士の給料は低いと思う?」

堀江貴文氏はツイートした。

「誰でもできる仕事だからです」



◆◇◆



このツイートの真意とは。

「保育士をバカにするな」とか

「ならおまえが保育士をやってみろ」とか

思う人は、もしかしたら、

読解力が浅いかもしれません。



◆◇◆



ここで仰られている「できる」は

「やれる・やれない」の意味で

使われているわけではなく、

「就職できる・就職できない」とか

はたまた、

「この程度の給料を払っておけば

 働いてくれるであろう、と

 経営者が思っているであろう業界」

要するに、

「経営者が『誰でもできる』と

 バカにしているであろう業界」

を示唆しているのではないかと

私は思いました。



私は。



◆◇◆



今は亡き名優、高倉健さんは生前

映画などの出演料をかなりつり上げる

ことで有名だったと

聞いたことがあります。

それは、高額な出演料に見合う仕事を

するという自分へのプレッシャーと、

自分のあとに続く若手俳優たちにも

相応の出演料が支払われるという

仕組みを作るためだ、と聞きました。



俳優として、

「経営者が『誰でもできる』と

 バカにしているであろう業界」

にしたくはなかった、

ということだと思うのです。

ぶっちゃけた話。役者なんて、

「紙に書いてある文字を読むだけの

 かんたんなお仕事です」

と言ってしまえば身も蓋もないわけで

業界全体でそういう印象を持たれたら

どんどん廃れていったのかもしれません。



業界全体でそう思われないよう

業界のトップのかたが、

「そんな甘い仕事じゃないんだぞ」と

働きかけてきたのだと思うのです。



◆◇◆



そういう話もあり、

堀江貴文氏の仰ることは

結構的を射た切り口なのかもしれません。



保育士さんの中に、

高倉健さんはいらっしゃいませんか。

以上にてよろしくお願いいたします。




= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
2017/10/17(火) 10:47:29| お知らせ| トラックバック:0 コメント:0
いつもお世話になっております。

大学では経済学をつまみ食いしていた

文月しのぶです。



先日、弊社の開発会議のなかで、

「囚人のジレンマ」だとか、

「シュレーディンガーの猫」だとか、

なんか頭の良さそうな単語が

飛び交いました。



経済学をつまみ食いしていた私は

「囚人のジレンマ、知ってる知ってる」

と。



〈思い出して書いてみる〉



悪いことをした人たちが、

自分だけは助かろうと自白。

でもみんなが同じことを考えて

どんどん自白しちゃって、

助かるどころか

みんなまとめて極刑になっちゃう話か。



そんな、ずるずると最悪なパターンに

ハメられてしまう駆け引きを

「ゲーム理論」の代表例「囚人のジレンマ」

と聞いたことがあるようなないような。



……間違ってたらご指摘くださいm(__)m



しかしあれだ。

「シュレーディンガーの猫」って

聞いたことないわな。

てなわけで、昼休みに調べてみた私。



へぇ。

量子力学っていうのか。

高校時代になんか聞いたことあるわ。

でもよく理解してなかったわ。



こんな感じなのかな。



〈調べたことを噛み砕いてみる〉



目の前にコップに入った水がある。

どう見ても、水がある。

そこに水がある。とする。

でも、

ものすごく小さい物が見える顕微鏡で

その水のほんの一部分を見てみると

「水はあるねぇ」

「あれ?水がないねぇ」

「おやおや?水があるねぇ」

50%くらい、水が無い時がある。

でもそんな顕微鏡で見るのをやめて、

目の前のコップを改めて見ると、

水はなにも変わらずずっとそこにある。

でもでも、

そうは言っても、見たとおりなの!

顕微鏡で見たら存在確率50%だったの!

「コップ視点でみるとあるけど、

 顕微鏡視点だとあるかないか2択!」



おいおいおい。



ちょっとまて。



「あるかないか2択」な状態って

なによ?ふざけたこと言うなよ。

アンタの言ってることが正しいなら

オイラは実験で、

「生きてるか死んでるか2択な猫」

を作ることができるかもしれないぜ。

でも信じないから、

そんな実験やらないけど。



……な話か。



まとめると、

「存在確率ってなんだよ?

 俺は信じないから屁理屈言ってやる」

の屁理屈の代表例がどうも、

「シュレーディンガーの猫」らしい。

へぇ。

そうなのか。



……間違ってたらご指摘くださいm(__)m



ついでに、こんな調べものの最中、

ネットをふらふらしていたら、

「ラプラスの悪魔」なんて単語も

出てきました。



〈調べたことを噛み砕いてみる〉



サイコロの目のそれぞれの出る確率は

1/6ずつですが、

この世の物理学方面のことを

全て解明できたなら、

確率なんかもうどうでも良い話で、

常に「この目が出る」と

言い当てることができるはず。

誰だ?そんなやつ?悪魔か?



……な話か。



……間違ってたらご指摘くださいm(__)m



あーあ。

難しいことを考えすぎて

アタマが疲れてきたときは、

シュババババーン!としましょう。



↓シュババババーン!

https://youtu.be/rV5R0l2wEDI



以上にて宜しくお願い致します。






= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
2017/10/12(木) 10:44:14| お知らせ| トラックバック:0 コメント:0
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.