しのblogアクション
山手線一周企画や日本全国始発待ちの旅などを行う「しのぶアクション」をYouTubeオンエア中。そんなサラリーマン『文月しのぶ』の徒然ブログです。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ
いつもお世話になっております。
AKB総選挙の放送時、仕事をしていた文月しのぶです。

「アイドルの選挙特番なんてつまんねぇよ」とか、
「CDいったい何枚買わせてんだよ」とか、
「選挙を冒涜している」とか、
いろいろ世間では言われているみたいですけど。




私が思うのはいつも『逆』なんですよね。




「政治家の選挙よりもずっと健全だ」と。




リアルな選挙って不公平の塊じゃないですか。
最近の話で言えば、大阪都構想の住民投票。
「50代以下の現役層が賛成したにもかかわらず、
 70代以上の高齢者の反対でつぶされた」と。
世代間格差とか、
一票の重みの不平等とか、
「一人1票しか投票できないという巧妙な手口」
とでも言いましょうか。
若者がどんなに頑張ったって、
数の多いシニア世代には負けるよ、と。

「一人1票しか投票できないという巧妙な手口」で、
若者世代は年金を貰えない世の中になったり、
若者世代は就職したくてもできない世の中になったり、
若者世代は結婚・子育てが難しい世の中になったり、
そうやって日本は滅んでいくのだな、
とか思うと、
そりゃ、
政治の世界はなにも変わらない、
と思うし、
若者は投票所になんか行かなくなるよね、と。


一方、アイドルの総選挙は単純明快。
汚い話ですが、票をカネで買える。
おカネは、貯めたり、借りたり、
とにかく努力をすれば集められる。
アイドルの世界は努力で変えることができる、
と思うし、
ファンは10票でも100票でも
投票しまくりたくなるでしょう。




「一人1票」は本当に平等なのか?




ミスリードしている可能性はないか?




私は、
アイドルの総選挙のように票を個人の努力で買えた方が
どちらかというと、今よりは良くなる気がしちゃう。
いろいろアイデアも膨らむ!
Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
投票権をプールできたり、
チャージできたり、
譲渡できたり、……譲渡はダメだな。


権利を一人1票しか持っていないから、
うるさい選挙カーが騒音を撒き散らして走る。
賄賂とか、いろいろややこしい話も出てくる。
もう、いいじゃん。
政治家さんが自分で
投票権を1,000,000票くらいカネで買えば良いでしょ。
その収益で、国の借金の補填とかすれば良いでしょ。






は?(゜ロ゜;





金持ちが有利な選挙?(゜ロ゜;







今と何も変わらないじゃないか!!Σ( ̄ロ ̄;








以上にて宜しくお願い致します。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
▼【文月しのぶ】のウェブサイトはこちら ⇒ [しのぶアクション]
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
コメント
この記事へのコメント
大阪都構想投票結果分析のウソ

某辛坊の発言でどうやら高齢者がすっかりワルモノになっているがそれは詭弁でありオオウソ!

そもそも有権者数から言って、20代~~40代の数が70台以上を圧倒しているので、年代別の投票率が同じであればハシシタ陣営が圧勝して当たり前!
それが負けてしまったのはコウレイシャのセイではなく、若者世代の投票率が極端に低かったのが本当の原因!
ウソだと思ったら自分で調べてみるとよい!
2015/06/10 (水) 00:29:45 | URL | レイニースタイション #-[ 編集]
あー
>レイニースタイションさん
コメント頂戴し、誠にありがとうございます。
……このブログで伝えたかったこととは、
ちょっとニュアンスが違うんです。。。。

極論を申し上げると、各世代ごとで
投票数×(1/投票率)をした方が良いなと
思うのです。
「投票しないヤツが悪い」という意見もありますが
私は「投票は権利であって義務ではない」と思っており
投票した人たちだけで公正にできる
仕組みがあっても良いのでは?と思うのです。

2015/06/10 (水) 08:29:58 | URL | 文月しのぶ #dKUPXwKU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2010 しのblogアクション all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.